意外な尖圭コンジローマの感染源の1つ

性病の1つに『尖圭コンジローマ』という病気があります。
性器や肛門周辺にイボのようなイボのようなブツブツができる病気です。

感染したままでパートナーとセックスすれば、パートナーにも感染を広げるケースがあります。

重要なのは感染経路をきちんと確認しておくことです。
どんな感染経路があるのでしょうか?

意外な感染経路
コンジローマを始めとする性病の感染経路は、性行為を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

自分やパートナーが風俗や不特定多数の性交で感染してしまう。
性病に対してそういうイメージを持っている人も多いでしょう。

たしかに性病が衛生管理をきちんとしていない風俗や自己管理の甘い不特定多数の人間との性行為で感染するケースがあります。
しかし、それ以外にもコンジローマのような性病に感染するケースはありえるのです。

まず、公衆トイレや温泉など不特定多数の人間が集まる場所で感染してしまう場合があります。

病気に対する正しい感染経路を理解する
コンジローマを始めとする性病にかかった人のなかには、相談せず、放っておくケースがあります。

それは性病にかかってしまったことが恥ずかしいという人もいますが、パートナーから非難されるのが怖い場合があるからです。

風俗に行ったことがある男性なら、そこで病気をもらってきたかもしれない……そう思ってしまう場合があります。
女性でもパートナーから不倫や浮気を疑われ、非難される場合もあるでしょう。

性病の中には性行為以外にも感染経路がある場合があります。
コンジローマのように性行為以外にも公衆トイレや公衆浴場など多くの人が利用する場所でウィルスに感染するケースもあるからです。

相手が不貞を働くケースがゼロではありませんが、最初からそういう目で自分やパートナーを見ないことが重要になります。

公衆トイレや公衆浴場での予防
コンジローマのウィルスを公衆トイレや公衆浴場でもらわないためには、タオルや足拭きマットなど皮膚や粘膜が触れる道具が清潔に保たれているか?
そのことを確認しましょう。

また、疲れていたり、ストレスが溜まっている状態でそうした場所を利用すると感染リスクが高まります。

公衆トイレや公衆浴場での感染リスクはあまり高くありませんが、衛生的でない場所を利用するのは避けたほうがいいでしょう。