尖圭コンジローマの再発を防ぐには?

尖圭コンジローマは性病の1つですが、治っても再発に注意しなければなりません。
きちんとウィルスを身体の中から根絶しないと、再発を繰り返し、病院やクリニックに何度も足を運ばなければなりません。

きちんとコンジローマの性病と向き合うためにも、コンジローマ再発に関する知識は身に付けておきましょう。

コンジローマ性病の再発性
性病の1つであるコンジローマは再発の危険性がありますが、なぜ再発が起こってしまうのか?
その原因は完全に解明されたわけではありません。

しかし、まったくわかっていないわけではないので、きちんと再発に関する知識は身に付けておきましょう。

コンジローマが再発してしまう原因の1つとして免疫力が関係してきます。

免疫力が低下することで、コンジローマを始めとするウィルスに抵抗する力が落ち、再発する可能性を高めてしまうのです。

現代人はいろいろな条件が重なり、免疫力が落ちやすくなっています。
睡眠不足や食生活の乱れ、仕事のストレスなど免疫力を下げる条件はいろいろあります。

まずは、自分の状況を見直すことが重要になるでしょう。

コンジローマのウィルス
性病の1つであるコンジローマのウィルスは特別なものではありません。
このウィルスは日常的に当たり前のように存在するウィルスなので、身体のなかから完全に根絶するのは難しいといえるでしょう。

身体の免疫機能が正常であれば、性病に感染するなど悪影響はほとんど見られませんが、免疫機能の低下により再発の危険性を上げてしまいます。
免疫力を上げることは、再発を防ぐ上で有効でしょう。

きちんとした対処の必要性
再発を防ぐ意味では治療中の性行為に注意する必要があります。
コンジローマの治療中に症状が出にくいからと性行為を行ってしまう人がいますが、これは大きな間違いです。

症状がでないというだけで、ウィルスは身体のなかに残っています。
再発の危険性を考えて、性行為は完治してから行うように心がけましょう。

再発の危険性がある状態で性行為を行ってしまうと、コンジローマのウィルスをパートナーに感染させてしまう可能性が出てきます。

特定の相手がいない人でも不特定多数を相手にする異性との性行為は避けるように注意して行いましょう。
特に不特定多数の関係を持つことは、感染や再発のリスクを上げることに繋がります。

コンジローマ以外の性病のリスクを上げることにもなるので注意が必要です。